WiMAX

WiMAX2+のハイスピードプラスエリアモードを解説します

WiMAXは普通のモバイルWi-Fiとは異なり、自宅の固定回線にある光回線と同じくらいの通信速度でインターネットができるので、自宅でもWiMAXを使用している方なども増えています。

そんなWiMAXの通信に、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードという2つの通信モードがあります。今回はWiMAXのハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードについて詳しくご説明いたします。

ハイスピードモードとは何か?

ハイスピードモードとは、普段WiMAXを使用してインターネット接続を行っている際に適用されている通信設定のことです。通常の設定のままで、特に変更さえしていなければ、ハイスピードモードで接続されています。ちなみに、WiMAXですが、現在はWiMAXとWiMAX2+の2種類あり、WiMAX2+が主流となってきています。WiMAX2+はかつてから使用されているWiMAXよりも、高性能化がされているため、非常に速い速度でインターネット接続が可能です。また、通常のモバイルWi-Fiは、4GLTEなどのモバイルデータ通信の電波を介して接続しているため、速度も速くないのですが、WiMAX2+の場合は、専用の基地局からの電波を介してインターネット接続がされているので、自宅で利用されている光回線と同じくらいの速度でインターネットの使用できるのです。

ただ、障害物に弱いという欠点もあり、地下や山間地域で使用すると、電波が通らなくなり、非常に不安定な接続が続く場合があるので、その点は注意しなければなりません。

ハイスピードプラスエリアモードとは何か?

ハイスピードプラスエリアモードとは、ハイスピードモードが不安定な時に適用される通信設定のことです。通信方式は、WiMAX2+の回線の接続と通常のモバイルWi-Fiと同様の、4GLTEなどのモバイルデータ通信を併用してインターネット接続がされています。併用してインターネット接続できることで、障害物などによって接続できなかったところでも接続が可能となり、非常に便利な通信設定です。モバイルデータ通信は、建物や障害物などに強いため、障害物のある場所でも安定した通信ができるようになっています。

このように、ハイスピードプラスエリアモードにすることで、インターネット接続が快適になるのです。

どうすれば設定の変更ができるのか?設定方法をご紹介

では、どうすればハイスピードプラスエリアモードの接続に変更することができるのか気になりますよね。ここでは、変更方法について、説明していきたいと思います。

これに関しては、簡単です。自分のWiMAXのホーム画面から、通信設定を開き、設定をハイスピードモードから、ハイスピードプラスエリアモードに設定するだけで、簡単に設定変更が可能となっています。

ちなみに、ハイスピードプラスエリアモードでの接続は料金がかかってしまうことがあります。例えば、DTI WIMAX2+を例に挙げると、DTI WiMAX 2+ モバイルプランに契約した場合は、3年プランだと、ハイスピードプラスエリアモードに設定しても、追加料金はかかりませんが、2年プランの場合はハイスピードプラスエリアモードに設定してしまうと1005円の追加料金がかかってしまいます。また、DTI WiMAX 2+ ギガ放題プランの方も、3年プランだと、追加料金はかかりませんが、2年プランの場合は同様に1005円の追加料金がかかってしまいます。

なので、契約プランによっては追加料金がかかってしまう場合があるので、後々後悔しないように、事前に確認してから使用するようにしましょう。

ハイスピードプラスエリアモードを使用する際に気を付けておくべきポイント

ここでは、ハイスピードプラスエリアモードを使用するうえで、気を付けなければならない点などについて説明いたします。

①追加料金に注意!

まず、ハイスピードエリアモードは、先ほども説明した通り、契約しているプランによっては追加料金がかかってしまう場合があります。何も知らないで、ハイスピードプラスエリアモードに設定して、後から追加料金が請求されるのを知ったらつらいですよね。なので、ハイスピードプラスエリアモードを使用する際は、自分が現在使用している契約プランを確認するようにしましょう。

②速度制限に注意!

WiMAXは3日間10GB使用しなければ、無制限でインターネット接続ができると言われており、便利ですが、実は、ハイスピードプラスエリアモードの場合は異なってきます。ハイスピードプラスエリアモードの場合は7GBまでしか使用することができません。そのため、7GB以上、ハイスピードプラスエリアモードで使用してしまうと、速度制限がかかってしまい、1か月間不便な思いをします。また、ハイスピードモードに戻せば、無制限で使用できるのではないかと考える方もいますが、戻しても、その月は速度制限がかかってしまっているので高速通信ができません。

なので、通信量にも気を付けなければならないのです。

状況によって使い分けつつ注意点には気を付けよう!

今回はWiMAXのハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードについて説明しましたがいかがでしたか?障害物などが多い場所ではハイスピードプラスエリアモードを使用することで、接続の不安定さをなくすことができ、非常に快適になりますが、追加料金や、通信制限など気を付けなければならない点もたくさんありますので、使用する際は、注意するようにしましょう。