WiMAX

WiMAXとは?特徴を理解するために解説します

インターネットを使用するのが当たり前となった時代ですが、その中でよく耳にする言葉の1つに「WiMAX」というものがありますよね。「WiMAX」の用途や性能など、その内容はどのようなものなのでしょうか。

今回は、WiMAXについてその特徴や、WiMAXを使用するうえでのメリット、デメリットなどをこちらでご説明させていただきます。

WiMAXとは何か?

近年では、持ち運びが簡単にできるモバイルWi-Fiというものがあります。よく、そのモバイルWi-FiとWiMAXが同じものだと勘違いしている方も多く見られますが、実際は異なります。WiMAXとはスマートフォンや携帯電話のモバイルデータ通信と同様の、移動体通信方式の中の1つです。日本では、UQコミュニケーションズが、UQ WiMAXという名で2009年から提供しています。ちなみに、元々は、WiMAX forumという業界団体が機器の試験作業などを行っていて、「Worldwide Interoperability for Microwave Access」を省略したものになります。

WiMAXは提供開始から、性能も向上しており、2013年からはWiMAX2+という、より高性能な機能を備えたものも提供されています。スマートフォンなどの普及が伸びているのと同時に急速で普及が進んでいます。

Wi-Fiとどう異なるのか

先ほども説明しました通り、モバイルWi-FiとWiMAXの2つの機器は種類が異なります。ここでは2つの違いについて説明させていただきます。

そもそも、Wi-Fiというのは「Wireless Fidelity」を省略したもののことを言い、LAN形式です。ルーターと固定回線を接続し、そのルーターと端末機器を無線で繋げることで、端末機器でインターネットを使用することができるようになります。ただし、使用範囲内は限られます。

一方でWiMAXは、LAN形式ではなく、WAN形式であり、離れた位置にいてもインターネット接続が可能になります。接続の仕組みは、まず、各地にある基地局と、ルーターまでがWAN形式によって接続され、ルーターから、端末機器までは、LAN形式で接続がなされます。Wi-Fiは、一定の使用範囲内でしか使用できませんが、WiMAXならば、基地局があれば、電波を受信することで、接続が可能になるので、広範囲で使用することができます。

WiMAXのメリットはココ

ここでは、WiMAXのメリットをまとめて、説明していきたいと思います。

①回線工事しなくても使用できる

WAN形式で接続するため、Wi-Fiのように、インターネットを接続するための回線工事を依頼しなくても簡単に使用できるようになります。ルーターの購入さえすれば、すぐにインターネット環境を作ることができるのです。

②通信量の節約ができる

スマートフォンは、通信量に制限があるため、一定の使用量を超えると速度制限がかかってしまい、低速化してしまうことがあります。しかし、WiMAXを使用すればスマートフォンなどの通信量を使わずに済むことができます。そのため、動画視聴や、大きいデータの通信をする際には、WiMAXを利用した方がお得なのです。中には、使用制限のあるWiMAXもありますが、制限も厳しいものではなく、3日で10G以上使用したら、制限がかかるなどの緩い制限です。しかも1日経てば解除されるので、あまり不便さを感じることはありません。なので、通信量を節約したい方は、WiMAXを使用するのが良いでしょう。

③速い速度で通信できる

WiMAXの最高速度は1.2Gbpsであり、1Gbpsの光回線よりも速い速度でインターネットを利用することができます。そのため、高速通信での使用が可能なのです。不便さを感じずに使用できる速度は10~20Mbpsですが、それを上回る単位なので、非常に便利インターネットを使用することができます。

④移動先でも使用できる

小型で持ち運びができるため、外出先でも使用することができます。モバイルWi-Fiも持ち運びが可能ですが、大きく異なる点としては、通信速度であり、WiMAXは固定回線と同レベルの通信速度でインターネットを使用できるので、外出先でその速度で使用できるのは、WiMAXの強みなのです。

⑤月々の料金が安い

固定回線よりも、月額の料金が安く済みます。固定回線の場合は、1か月4000円~6000円ほどですが、WiMAXならば、1か月で3000円ほどなので、かなり安く済ませることができるのです。通信速度も速いうえに価格も安いのは良いですよね。ただ、契約によって値段は異なる場合があります。

デメリットなどはないのか?

ここまでは良い点を取り上げて説明しましたが、もちろんデメリットもあります。

WiMAXのデメリット

①不安定な接続

モバイルデータ通信と比較してみると、障害物に弱い性質を持っており、基地局の数も少ないことから、接続ができなかったり、不安定な接続になってしまう場合があります。山の多い場所や地下では接続ができないので注意するようにしましょう。

②解約金が高すぎる

契約更新月以外のときに解約すると、違約金がかかってしまい、価格もかなり高額です。また、現在総務省では、違約金に関しての案が出されており、現段階ではまだ施行されていませんが、今後施行されるようになった場合のために、調べておくと良いでしょう。特に、施行開始後に契約を考えている方はその点も注意しておくと良いです。

③バッテリー切れに注意する

充電式のため、バッテリーの残量がなくなってしまったら使用することができません。こまめにバッテリーの残量は確認するようにしましょう。

契約する際は事前に調査しておくべき

今回はWiMAXについて説明しましたが、いかがでしたか?WiMAXは、回線工事をしなくても簡単に使用ができるうえ、通信速度も同等の速度なので非常に便利です。また、価格が安いのもお得なのです。現在WiMAXを契約しようか検討している方は、自分に合ったものを調査して契約すると良いでしょう。