WiMAX

WiMAXのセキュリティ対策はどうなってる?

WiMAXは通常のモバイルWi-Fiよりも高速でインターネット通信ができるのが良い点です。持ち運びもできて回線工事の必要もないのでインターネットを利用するには非常に便利なアイテムです。

しかし、セキュリティ面に関してはちゃんと守られているのか気になりますよね。そんな方のために今回はWiMAXのセキュリティ面などを解説させていただきます。

無線LANを使用していて起こる危険性

WiMAXは通信局とルーターを繋ぐWAN通信とルーターとスマートフォンなどの端末機器を繋ぐLAN通信の2種類でインターネットに接続する事ができています。

ここでは無線LANの場合の危険性を紹介します。

・自分が通信している内容が他人に知られる危険性

・他人に勝手にWiMAXを利用される危険性

・他人が勝手に自分のスマートフォンやパソコンを使う危険性

無線LANを使用する事で以下のような事が起こり、個人情報が漏れたり事件に巻き込まれる可能性があります。

自分の口座番号やクレジットカードの番号が流出してしまうと、他人に使用され、お金を盗まれたり勝手にカードを使われたりする危険性があります。勝手にカードが使われてしまった場合は多額な請求が来る可能性もあるので、入力する際には注意しなければなりません。

また、他人にスマートフォンやパソコンなどの端末機器を乗っ取られ、勝手に使われる危険性がありますが、勝手に使用される事で自分の顔や部屋の写真が撮られたり、住所が特定されて事件に巻きもまれてしまう危険性があるので無線LANを使用する時は、セキュリティ対策はしっかり行うように注意しましょう。

暗号化が読み取られる事で流出する?

危険を防ぐために、ここではセキュリティ対策の方法などを解説していきます。

インターネットで買い物をする際、クレジットカードの番号や住所を入力しますよね。その際にプライバシーに関わる情報は暗号化して情報が送られています。暗号化する事で個人情報の流出を防ぐ事ができるのです。しかし、暗号化が読み取られてしまったり、設定した暗号化キーが第三者に知られてしまうと個人情報の流出に繋がり、危険な事件に巻き込まれる可能性が増加するのです。

WiMAXでのインターネット接続の方法は?

WiMAXをインターネットに接続する際の方法ですが、WiMAXは識別番号が振り分けられています。その識別番号の事をSSIDと言い、通信接続する時はSSIDとパスワードを端末機器に入力する事でインターネット接続が可能になるのです。このSSIDとパスワードが第三者に知られなければ勝手に使われる事はありません。また、一度接続してしまえばそれ以降はSSIDやパスワードを入力しなくても自動的にインターネットに接続できるようになるので手間がかからず便利になるのです。

WiMAXの暗号化方式は?パスワードは長い桁が良い?

WiMAXはAESというものが現在暗号化として使われています。

AESは、以前まで世界基準で使用されきたものよりも安全性のある暗号なのでセキュリティ面では非常に高い性能を持っています。

また、AES以外でもセキュリティ対策ができる方法があります。定期的に日頃からパスワードを変更する事です。パスワードをこまめに変更すれば、より安全性を高めるができます。ちなみにAESで設定するパスワードは短くて8桁から、長いと64桁まで設定できます。長ければ長いほど安全性は上がりますので、パスワードを設定する際はなるべく長い桁にしましょう。アルファベットと数字、大文字小文字を組み合わせることで、より安全性も上がります。

WiMAXならセキュリティ対策もできるDTI WiMAX2+がおすすめ!

WiMAXを契約するにしてもどこのプロバイダーのものを契約すべきか悩まれる方も多くいるでしょう。おすすめしたいのがDTI WiMAXです。DTI WiMAXならば、ギガ放題プランの3年コースを契約した場合は2か月間無料で使用する事で5000円ほどお得に。また、3か月目は2590円、4か月目以降は3780円、そこからは2年目、3年目以降も月額料金が変わりません。支払額が急に増えたりすることがない良心的なプロバイダーです。

もちろんセキュリティ面もしっかり管理されており、DTI WiMAX2+のiフィルターに契約すればインターネットの有害サイトのアクセス制限を自動で行ってくれるので、お子様や高齢者のいるご家庭などのセキュリティ対策にもなります。月額料金は初月無料で使用する事ができ、2か月目以降も300円で利用できます。

ちなみに他のプロバイダーだと、月額500円ほどかかってしまうところが多いです。もしWiMAXの契約を検討していて、セキュリティもしっかり守りたい、尚且つ月額料金も安く抑えたいと考えている方にはおすすめできます。

セキュリティ対策は必ず強力に行おう

今回はWiMAXのセキュリティに関して解説いたしました。WiMAXは個別でSSIDを持っているのでセキュリティは高度だという事がわかりましたね。さらに、パスワードも自分で変える事ができるので、こまめに変更しておく事で安全性を強化する事ができます。長い桁にすればより安全性を高められます、自分自身でもしっかりセキュリティ対策を行うようにしましょう。