WiMAX

Try WiMAXでWiMAXを無料で試す方法と注意点

WiMAXはここ数年で急速に普及しています。テレビや広告でもよく見かけますよね。契約を検討中の方も多いかもしれません。しかし他のWi-Fiと何が違うのかなど疑問、契約にあたって実際の使い勝手など、不安な点も出てきてしまいます。

そんな時にお勧めしたいのが「Try WiMAX」です。今回はそんなTry WiMAXについて詳しく解説していきます。

Try WiMAXって何?

WiMAXをいきなり契約しても、万が一自分に合わなかった場合は、お金の無駄に感じてしまう事になりかねません。Try WiMAXでの体験ならば15日は無料でWiMAXの機器を借りる事ができ、体験する事ができます。また、登録にかかる費用はもちろん、通信料や貸出代、配送された際の送料なども一切かからず、全て無料で体験する事ができます。体験すれば、使い勝手や自分の住んでいる地域が使用可能なエリアかなど詳しい事がわかりますので、契約を考えている方はTry WiMAXで、お試しでWiMAXを利用してみるのをお勧めします。ただし全てが良いわけではなく、注意しなければならない点もあるので、その点についても下記で説明していきたいと思います!

Try WiMAXを利用するために…WiMAXの使い方を理解しよう

Try WiMAXを利用するには、WiMAXの基本的な知識を覚えておいた方が便利です。ここでは、WiMAXの基本知識や使い方などを解説させていただきます。

①設置する場所を考える

WiMAXの電波はスマートフォンや他のWi-Fiの電波よりも障害物などに弱い性質を持っています。家具や家電の周りにWiMAXを設置したりすると電波がさえぎられてしまいインターネット接続に影響を及ぼすので離れた場所にWiMAXを設置するようにしましょう。また、WiMAXの電波は同心円状に発信されています。部屋の真ん中に設置する事で電波の流れが良くなるので、WiMAXは部屋の真ん中に置くようにしましょう。

②WiMAXが対応している範囲を確認する

WiMAXは自宅で使用できるのはもちろん、外出先でもインターネット接続を利用する事ができます。しかしWiMAXは場所によっては電波が通っておらず、利用する事ができない場所もあるので、外出時に利用する際はその場所で使う事ができるか確認するようにしましょう。

対応している範囲の調べ方ですが、UQコミュニケーションズの公式サイトにて「サービスエリアマップ」というところがありますので、そこで事前に対応しているか確認する事ができます。〇、△、×の3つの種類に分けられており、〇が対応している範囲、△が不明な範囲、×が対応していない範囲になります。しかし、〇の場合でも利用するこ事ができない場合や、反対に×の場合でもWiMAXの電波が行き届き、利用できる場合がありますので外出先に行ってからWiMAXを使ってみて確認する事をお勧めします。

Try WiMAXを利用時に注意すべきポイントは?

ここでは、Try WiMAXを利用する際の注意すべきポイントについてまとめて解説させていただきます。

①15日間の期間が設けられている

Try WiMAXは15日間の期間が設けられており、その期間ならば無料で利用する事ができます。15日以上たってしまうと、クレードルなしで20000円、クレードルありで22750円の違約金が発生してしまうので必ず15日間という事を覚えておきましょう。

また、15日間というのはWiMAXが届いてからWiMAXを返送して届くまでの間になります。なので、送る事を考えると実際に使える期間は15日よりも短いのです。その点にも注意して利用するようにしましょう。ちなみに返却時は全て返却しなければならないので必ず送る前に全てのものが揃っているか、しっかり確認してください。

②壊したりなくしたりした場合は高額な違約金が発生

WiMAXや付属のものを壊したり、なくしたりしてしまうと高額な違約金が発生してしまいます。その金額は20000円から22750円ほどです。利用する際は必ず無くさない、壊さないの2点を注意して利用しましょう。

③クレジットカードの上限は事前に確認しておこう

Try WiMAXでWiMAXを利用している期間はクレジットカードのショッピング利用枠が一時的に確保されています。これは、もし15日以上利用したり、壊したりした場合に高額な違約金が発生する時のためです。そのため、クレジットカードの上限が超えていると問題が起きてしまうので、事前に確認しておきましょう。

④本契約時にお得なキャンペーンを使うようにしよう

WiMAXを体験で利用して本契約する事を決めた場合、もちろんTry WiMAXから送られてくる広告からも申請はできますが、WiMAXはプロバイダーによってキャンペーンが特典としてついてくる事があります。Try WiMAXの広告から申請するとキャンペーンを利用する事ができなくなってしまうので、契約する際はTry WiMAXの広告からではなくサイトなどから契約してキャンペーンが適用されるようにしましょう。キャンペーンが適用されるのとされないのでは料金も大きく変わるのです。

Try WiMAXはどうやって申請するの?

Try WiMAXの申請方法の手順などを解説させていただきます。

申請方法はインターネットから申請します。クレジットカードとメールアドレス、携帯番号が申請の際に必要になりますので用意しておきましょう。過去180日以内にTry WiMAXを利用した方やWiMAXの未返却の履歴がある方は申請する事ができないのでその点にも注意してください。機器は種類を選ぶ事は可能ですが、全国各地でTry WiMAXを利用している方がいるので古い機器しか借りる事ができない可能性もある事を覚えておきましょう。ちなみに店舗では申請する事ができないのも覚えておいてくださいね。

Try WiMAXを利用してWiMAXの契約に役立てよう

今回はTry WiMAXについて解説させていただきました。WiMAXの契約を検討している方は一度Try WiMAXで申請して無料でWiMAXを使ってみる事をお勧めします。

是非Try WiMAXでWiMAXを体験してご自身で便利さを実感してください。