Wi-Fi全般

光回線とモバイル回線、メリット・デメリットを比較

今回は光回線とモバイル回線どちらがいいのかでお困りの方に、それぞれ比較しながらご紹介します。今回それぞれを比較するにあたり参考にするのはソフトバンク光とDTI WiMAX 2+です。

光回線 ソフトバンク光

他社からの光回線の乗り換えにとても力を入れているのがソフトバンク光です。ソフトバンク光でも新規の工事日が実質無料になるキャンペーンをやっていますが、この条件も他者回線からの乗り換えです。

新規の工事費用でかかる24,000円相当が最大無料でなるというキャンペーンです。さらに他社回線から乗り換えしようとしている場合、その解約金や工事費の残額についても最大100,000円までキャッシュバックをしてくれるということです。他社からの乗り換えに関しては証明書が必要です。もし今現在他社の回線で他の光回線を探している場合はこのソフトバンク光がかなりメリットが大きいと思います。

初期工事費と乗り換え費用のキャンペーンの両方を適用する場合最大で124,000円の割引になるからです。

本来の工事費用はマンション戸建てに関係なく24,000円ですので、他者回線から乗り換えをしない方にはかなり割高です。

スマホとのセット割「おうち割 光セット」があるので、ソフトバンクユーザにはメリットがあります。販売代理店のウェブキャンペ-ンサイトから申し込みをするとさらに最大35,000のキャッシュバックも受け取れます。

乗り換え費用を負担してくれる点やキャッシュバックが高額なのがソフトバンク光の特徴です。

ソフトバンク光のメリットとデメリット

メリットはフレッツ光より月額の料金を安くすることができる点や、ソフトバンクユーザーはセット割引が適用できる、さらに工事費料が無料にできるキャンペ-ンや有料オプションの内容もかなり便利なものが揃っている点です。

デメリットは月額料金が他の光回線と比較してもさほど安くない点と、ソフトバンクユーザーでない場合セット割引がなければあまり意味がない点と、工事費用が高額なため新規のユーザーが申し込むにはかなり高額である点です。

モバイル回線 DTI WiMAX 2+

回線速度などのストレスなく動画を見たり重たいデータでもダウンロードをスピーディーにしたい方や、面倒な事なく簡単にどこでもインターネット利用したい方またお得な料金で通信費を節約したい方にもモバイル通信はお勧めです。

今回参考にするのはDTI WiMAX2+です。それでは詳しく見ていきましょう。

DTI WiMAX2+ではルーターを2タイプから選ぶことができます。モバイルWi-Fiルーターとホームルーターです。持ち運びを外出先で利用したいといった持ち運びの利便性を追求する方にはモバイルWi-Fiルーターをお勧めしますし、自宅内でホームルーターとして利用したい方はモバイルルーターよりも電波の強いホームルータータイプのお勧めします。

月額の基本料金に関してはギガ放題プランとモバイルプランと呼ばれる2種類があります。それぞれ3年契約で見ていくと、ギガ放題プランは月間のデーター利用料に上限のないタイプで月額料金が2カ月間無料ということで1ヵ月目から2ヶ月目は0円で、3ヶ月目からは2590円さらに、4ヶ月目以降は3760円となります。モバイルプランは月間データー利用量が7GBまでとなっていまの3年契約の場合は1ヵ月前からずっと3500円です。

DTI WiMAX 2+ のデメリットについて

通常プランの初期費用が割高

光回線のように回線の回数工事費は必要ないのですが、初期費用として事務手数料が必要になります。通常どのプロバイダーで申し込んでもWiMAXの場合は事務手数料が3000円なのに対してDTIのモバイルプランは5000円となっています。

auスマートバリューmine割引が適用対象外

通常、auのケータイ・スマホの契約中の場合、WiMAXの契約と同時にauスマートバリューmineに申し込み可能で、適用されると最大月額1,000円がau利用代金から割引されるお得な割引制度があるのですが、DTIでWiMAXを契約してもauスマートバリューmineを利用できないため、auユーザーがDTIで契約してしまうと損をすることになります。auユーザーはほかのプロバイダから申し込むほうがお得です。

DTI WiMAX 2+の場合、解約時にSIMカードの返却

解約時に注意が必要なのもデメリットですが、DTI WiMAX 2+は解約時にSIMカードの返却が必要です。返却が無い場合はSIM紛失手数料3,000円がDTIから請求されます。

ルーターの機種変更ができない

長期契約している中で、最新端末に変更したい場合も出てくるかと思いますが、DTI WiMAX 2+はルーター機器の機種変更に非対応です。機種変更が手軽にできる代理店が多い中ではかなりデメリットです。

まとめ

WiMAXの場合は最新機種を契約すれば光回線と同じような速度が可能であるということで、あとは利用目的や料金面で自分にとってベストな選択をすることがお勧めです。