Wi-Fi全般

フリーWi-Fiの危険性から身を守るには

フリーWi-Fiについてご存じですか?コンビニや喫茶店などの公共施設に設置されていることが多く、IDやパスワード入力をしなくても簡単に使用できるWi-Fiです。無制限で使用できるので、利用されている方が多くいます。

しかし、無線での接続は、有線での接続よりも危険な面も多くあり、特にフリーWi-Fiにはより多くの危険が潜んでいるといわれています。今回はフリーWi-Fiの危険性などを説明いたします。

どんなものかを知ろう

上記でも説明しました通り、コンビニや喫茶店などの公共施設に設置されている、IDやパスワード入力をしなくても簡単に使用できるWi-Fiのことです。スマートフォンやパソコンなどの端末機器を持ち込んでいれば、公共の場でも簡単にインターネット使用できるようになります。近年はインターネット社会であるため、インターネットを使用する方が増加していることから、設置する公共施設が増加しています。また、全国的に展開している企業の施設には、その企業オリジナルのものが設置されていることもあります。制限に関しては、基本は無制限で使用することが可能ですが、場所によっては規約があり、使用回数や使用時間が決まっているところもあります。また、登録しないと使用できない場所もあります。

似ているようで違う公衆Wi-Fiについて

フリーWi-Fiと似たような性質をもつものがあります。それが公衆Wi-Fiです。何が異なるかわからない方も多くいるかと思いますが、これは、有料で契約しなければならないので、事前に契約していないと使用することができません。公衆Wi-Fiは、プロバイダーや提供企業が提供しています。例を挙げると、auやdocomoなどの携帯電話通信会社では、スマートフォンなどを契約している方が使用できる公衆Wi-Fiを提供しています。暗号化方式が適用されていることや、契約している人しか使用できないため、フリーWi-Fiよりも安全に使うことができます。また、追加で料金が加算されることもありません。

危険性について知ろう

ここで本題に入りますが、危険性が何かよく知っておくことが大切です。いくら便利でも危険性について知っておかないと、いざというときに大変なことに繋がります。そのため、ここでは危険性について説明します。ここで危険性について知り、安全にインターネットを使用できるようにしましょう。            

まず、簡単にまとめると以下の危険性が挙げられます。

①通信内容が流出する危険性

②自分の現在地が知られてしまう危険性

③遠隔操作されてしまう危険性

以上になります。次に項目ごとに解説していきます。

まず①の通信内容が流出する危険性についてですが、接続してインターネットを行ったりすることで、自分のメール内容や電話の内容が流出してしまう恐れがあります。もし、メールで自分の現在地や顔写真を撮影したり、個人情報を記載したものを悪質なフリーWi-Fiに繋げて送信していると、それが流出してしまい、他人に知られてしまう恐れがあるのです。また、それ以外にも着信履歴や登録しているアドレス帳もすべて流出してしまい非常に危険です。

暗号化していれば流出しないと思われる方もいますが、暗号化キーが公開されている場合もあるので、危険なのです。

次に②の自分の現在地が知られてしまう危険性ですが、スマートフォンなどの端末機器には位置情報機能が搭載されているため、スマートフォンに侵入されてしまえば、簡単に現在地を知られてしまいます。悪質なフリーWi-Fiに接続してしまうと自分の住んでいる場所まで知られてしまう恐れがあるので非常に危険なのです。

最後に③の遠隔操作されてしまう危険性ですが、遠隔操作されて乗っ取られてしまうことで危険性がたくさんあります。例えば、カメラを起動されてしまい、顔や部屋の写真を撮られてしまったり、生活状況を知られてしまい事件に巻き込まれてしまう恐れもあります。

このように危険性がたくさん潜んでいるのです。

危険から身を守ろう

危険性について説明しましたが、どうすれば身を守ることができるか、対策方法を説明いたします。

①自動接続設定にしない

自動接続設定をしていると、自動で接続されてしまいますが、その間に勝手に悪質なものに接続されてしまっている可能性があります。そのため、自動接続設定にはせず、自分で選択することで接続できる設定にしておくと良いでしょう。

②重要な情報の送受信は避ける

オンライン取引など、自分の個人情報を入力して送受信をするのは危険です。必ずフリーWi-Fi接続時以外のときに行うようにしましょう。

③暗号化に対応していないサイトは利用しない

フリーWi-Fiに接続しているときは、SSLやTLSなどの暗号化に対応していないサイトでの接続は避けるようにしましょう。例えば、オンラインショップで購入する際に、個人情報を入力すると思いますが、そのようなことは個人情報の流出に繋がります。確認方法としては、アドレスバーの端を見て、鍵のマークが記載されていれば対応したサイトになります。常に気にしておくと良いでしょう。

 

今回はフリーWi-Fiの危険性について説明しましたがいかがでしたか?このように危険性がたくさん潜んでいるので、使用する際は常に気をつけるようにしましょう。