DTI WiMAX 2+

DTI WiMAX 2+の解約方法と注意点

WiMAXを販売しているプロバイダーは数多く存在しますが、その中でインターネット接続事業を手掛けるDTIが運営しているのが、DTI WIMAX2+です。

運営事業者を考えると安心感のあるプロバイダーですが、何かしらの事情でDTI WIMAX2+を解約したいと考える方、契約を検討中で解約時のことが気になる方もいるかと思います。今回はDTI WIMAX2+の解約方法などをご説明いたします。

そもそもDTI WIMAX2+とは何か?

DTI WIMAX2+とは、WiMAXを提供しているプロバイダーの内の1つで、インターネット接続事業を手掛けるDTIが運営しています。

最初の1~2ヶ月の月額料金を2か月間無料で使用できるので、契約スタート時に5000円ほどお得に使用できたり、2年目、3年目以降も月々の支払料金が変わらないなど良心的なプロバイダーでもあります。

さらに、DTI WIMAX2+を契約、DTI会員になることで「DTI Club Off」という会員向けの、ホテル、グルメなどがお得になる特別優待サービスが利用可能になります。

近年では、WiMAXを利用される方が多くいますが、DTI WIMAX2+は、このような便利なサービスがありながら、それほど知られていないが実はメリットのある、お得なプロバイダーともいえます。

DTI WIMAX2+を解約したい方へ…解約方法をお教えします

ここではDTI WIMAX2+の解約方法などを詳しくご説明していきたいと思います。

①会員専用サイトから解約する場合の解約方法

DTI WIMAX2+に契約すると、会員専用のサイトページが作られますが、まず、そのサイトを開き、ログインします。ログインすると、自分が現在契約しているWiMAXのサービス内容が、表示されます。そのサイトページ内に解約ボタンが用意されておりますので、解約ボタンを押します。これで解約手続きを行うことができます。

そして、解約手続きに進んでいくのですが、まずサイトに「解約の理由を教えてください」と記載されたサイトページが出てきますので、解約理由を記入します。

解約理由を書いた後、次に表示されるのが解約することで適用されるキャンペーンの説明です。ちなみに、このようなキャンペーンなどを目的に解約に進む方も結構います。

次に出てくるのがアンケートです。アンケート内容はもちろん、解約についての内容になります。アンケートを埋めていきましょう。そして、アンケートが終わったら、下の方に解約申請のボタンがありますので、そのボタンを押せば解約が完了です。サービス内容欄にも、解約申請済みと出てくるようになります。気になる方は念のため確認しておくと良いでしょう。

また、DTI WIMAX2+は、DTI WIMAX2+のみの契約だと、会員専用サイトから解約申請ができない場合があるみたいです。

②書面で解約申請する場合の解約方法

次に、書類に記入して、DTI WIMAX2+を解約する場合の方法を説明いたします。

まず、先ほどと同様に、自分専用の会員サイトにログインします。ログインすると、解約申込書をダウンロードすることができますので、パソコンや、スマートフォンなどでダウンロードして、保存します。保存すると、解約申込書を印刷することができるようになりますので、それを印刷します。そして、印刷した解約申込書に必要情報を記入します。これを郵送で送り、確認していただければ、解約に進むことができるのです。

このように、DTI WIMAX2+の解約方法は、サイトでの解約方法か、郵送で書類を書いて提出する解約方法の2種類しかありません。電話やメールなどでお問い合わせしても解約手続きをすることはできませんので、気を付けるようにしましょう。

契約プランごとの解約方法

ここでは、契約プランごとの詳細と一緒に、契約プランごとの解約方法について説明させていただきます。

①3年プラン契約の場合

3年プランですが、DTI WiMAX 2+モバイルプランとDTI WiMAX 2+ギガ放題プランの2種類あります。

ギガ放題プランの方は、2か月間0円と非常にお得なプランであり、その後は、3か月目は2590円、4か月目以降は3760円で無制限で使用できます。ちなみに、事務手数料は3000円です。

次に、モバイルプランですが、月額3500円で使用ができ、4か月以降はモバイルプランの方がお得になっています。しかし、無制限ではなく、月々7GBしか使用できないという難点もあります。事務手数料は5500円になります。

3年プランは、契約期間が自動更新されるシステムになっております。利用開始日を含む月の翌月が1カ月目となり、37か月目になると、更新月になります。その更新月の前月の26日から更新月の25日までに解約申請を行えば、解約手数料は全くかかりません。しかし、注意しなければならないのが、それ以外の期間です。その期間以外で解約申請を行うと、利用開始日を含む月と最初の12か月間は19000円がかかってしまいます。13か月目から24か月目の場合は14000円、25か月目から36か月目は9500円、38か月目以降は9500円の解約手数料が発生してしまいます。なので、解約する際は、更新月期間で解約するようにしましょう。もし、どうしてもそれ以外の期間で解約したい場合は、解約手数料がかかってしまうので注意してください。

②2年プランの場合

2年プランは、3年プランと同じDTI WiMAX 2+モバイルプランとDTI WiMAX 2+ギガ放題プランの2種類です。モバイルプランの方は契約内容も同じですが、ギガ放題プランの場合は、異なります。ギガ放題プランは、3年プランでは、2か月間無料で使用が可能と説明しましたが、2年プランの場合は、1か月目から3か月目までは、特別キャンペーン&おトク割が適用されることで、通常料金4800円が、3500円となります。そして4か月目から、25か月目は、おトク割利用で、4300円となり、それ以降は、長期割引で4300円となります。ちなみに、事務手数料は3年プランと同じです。

解約手数料に関してですが、契約は2年プランも自動更新となっています。また、3年プランと同様に、更新月の前月の26日から更新月の25日までに解約申請を行えば、解約手数料は全くかかりません。

しかし、それ以外の期間で解約申請を行ってしまうと、最初の12か月間は19000円がかかってしまいます。13か月目から24か月目の場合は14000円、26か月目以降は9500円の解約手数料が発生してしまいます。なので、2年プランも更新月に解約するようにしましょう。

このように、3年プランも2年プランも、更新月以外に解約すると解約手数料がかかってしまいます。解約手数料の料金は、契約期間によって、月々の料金が変わりますが、期間ごとに変更される金額は同じです。

解約を考えている方は、3年プランは37か月目、2年プランは25か月目に解約申請を行うようにしましょう。

返却時は何を返却すればよいの?

解約手続きに入ったのは良いとして、その後、何を返却すればよいのかわからない方も多くいるかと思いますのでご説明いたします。

DTI WIMAX2+の解約手続きを済ませたら、返却物を郵送で送るようにします。その際に必ず返却しなければならないものがあります。それがSIMカードです。WiMAXの端末機器は、元々購入して使用しているため、解約しても返却する必要がありません。

しかし、SIMカードは、必ず返却が求められ、返却期間内に返却しないと、余分にお金がかかってしまったりして、非常に大変です。

ちなみに、解約期間に関してですが、解約してから20日以内に返却しないといけません。これ以上使用すると、お金が3000円ほどですが取られてしまいます。

なので、外出先などでWi-Fiを使用する場合は、事前に確認して、気をつけるようにしましょう。

ここに住所も記載しておきますので、ご確認していただければと思います。

〒847-8790

佐賀県唐津市和多田大土井4740-1

フリービット株式会社内 株式会社ドリーム・トレイン・インターネット カスタマーサービス 行

DTI WiMAX 2+の解約方法のまとめ

今回は、DTI WIMAX2+の解約方法について詳細などを説明させていただきましたが、いかがでしたか?

このように、DTI WIMAX2+には、書類やサイトなどで解約できるようになっているため、非常に便利なプロバイダーです。

DTI WIMAX2+の解約、またはこれから契約を考えている方の参考になれば幸いです。

>>「DTI WiMAX 2+」はこちら<<