DTI WiMAX 2+のメリット・デメリットを解説

DTI WiMAX 2+とは

DTI WiMAXは株式会社ドリーム・トレイン・インターネットというプロバイダが提供しているサービスです。

初めて聞いた方もいるかもしれませんが、インターネットの接続サービスを1996年から行っているプロバイダです。

BIGLOBEやSo-netといった皆さんに聞きなじみの深い老舗のプロバイダーと比べると、DTI WiMAXは知名度ではまだ低いかもしれません。以前はDTI WiMAXもキャッシュバックのキャンペンを積極的に展開していましたが、最近は特別なキャンペーンもあまり行っていません。実際のDTI WiMAXの利用者の口コミを見ると、月額の料金が安いと言う意見が多く見られますが、実際他社と比べて本当に安いのかどうか、今回はまずDTI WiMAXの評価についてご紹介していきます。

DTI WiMAX 2+のメリット・デメリット

メリット

  1. 月額料金が安い
  2. 2年目と3年目の料金が変わらない
  3. 優待サービスが利用できる
  4. NTTグループカードで新規入会特典あり
  5. 2年プランと3年プランで選べる
  6. グローバルIPオプションがある
  7. 安心サポートがある

デメリット

  1. auスマートバリューに非対応である
  2. 高額キャッシュバックがない
  • 月額料金が安い

DTI WiMAXの評価で1番多いのがこの月額料金の安さについてです。実際使い放題のプランで1ヵ月目から3ヶ月目までの料金は2590円となっていますので、同じように使い放題のプランを提供しているBroadWiMAXよりも安いのです。以下に表にまとめて比較してみます。

Broad WiMAXDTI WiMAX
通常プラン1~25ヶ月目:2,726円

25ヶ月目~:3,326円

1ヶ月目〜:3,500円
使い放題プラン1~2ヶ月目:2,726円

3~24ヶ月目:3,411円

25ヶ月目~:4,011円

1~3ヶ月目:2,590円

4ヶ月目~:3,760円

 

3年間合計金額

通常プラン:105,336円

使い放題プラン:128,626円

通常プラン:126,000円

使い放題プラン:131,850円

このように確かに月額料金ではDTI WiMAXが安くなりますが、BroadWiMAXと比較するとキャンペーンを行っている点で3年間の長期料金と比較すると若干高くなります。

「DTI WiMAX 2+」の基本情報

それでは気になるDTI WiMAX2+の基本的な情報を詳しく見ていきましょう。

ギガ放題プランモバイルプラン
月間データ通信量上限なし7GB
月額料金利用開始月(初月)~1ヶ月目:0円

2ヶ月目:2,590円

3ヶ月目~:3,760円

ずっと3,500円
契約事務手数料3,000円5,000円
契約年数3年3年
端末代・送料0円0円
取り扱い端末W06/WX05/W05

HOME L02/HOME 01

W06/WX05/W05

HOME L02/HOME 01

支払い方法クレジットカードのみクレジットカードのみ

まずDTI WiMAX2+では現在通常月額料金が2590円のところを最大2ヶ月0円というキャンペーンを行っています。

これは利用開始月と翌月分の月額基本料金が無料となる特典です。利用開始月の月額基本料金は日割計算となっているため、最大2か月分が0円ということになります。

DTI WiMAXの特にオススメしたいポイントは以下の4点となります。

DTI WiMAXのオススメポイント
  1. 月額基本料金が2カ月間無料である
  2. 2年目と3年目の料金が変わらない
  3. 2年プランと3年プランで選べる
  4. 『DTI Club Off』という特別優待サービスを利用可能

利用料金について

DTI WiMAXの料金プランはシンプルな2種類があります。

DTI WiMAXの料金プラン
  • DTI WiMAXギガ放題プラン(3年)

月間のデータ通信料を気にしなくても充分使えるプランです。

先ほどご紹介したように月額料金が2カ月間無料となります。

このため1ヵ月目から2ヶ月目は0円で3ヶ月目からは2590円、さらに4ヶ月目以降は3760円となります。

  • DTI WiMAXモバイルプラン(3年)

データ通信料が月間7 GBで料金を抑えたお手軽なプランです。料金も1ヵ月前からずっと3500円です。

通常プランとギガ放題プランについて

DTI WiMAXのプランはとてもシンプルな2種類です。

DTI WiMAXの料金プラン
  • 月間データ量上限なし⇒ギガ放題プラン
  • 月間データ量7GB縛り⇒通常プラン(モバイルプラン)

他社のWiMAXのプロバイダーは、7 GBの縛りのあるプランを通常プランと呼んでいますが、DTI WiMAXではモバイルプランという名称になっています。

料金的にはこのモバイルプランがお得になりますが、こちらはインターネットで調べ物する程度のヘビーユーザーではない方向けのプランとなっています。WiMAXを契約する9割近くの人が、ギガ放題プランを選んでいるその理由の背景は、インターネットを好きなだけ使いたいと言うニーズです。もし皆さんがどちらのプランか迷っている場合は、動画を見たりゲームをしたりたくさんインターネットを使いたいと言う方にはぜひギガ放題プランがお勧めです。

この無制限プランについて注意点が1つあります。

公式サイトでは一般的に上限なしのプランというように表現されていますが、

ギガ放題プランでも、直近3日間で10GB以上使用すると、翌日の18時~2時まで速度制限にかかってしまいます。

DTI WiMAXの特徴として、料金プランの月単位での変更が可能な点が挙げられます。

DTI WiMAXは料金プランの月単位での変更が可能

ギガ放題プランとモバイルプランの料金プランは月単位で変更することが可能です。

普段あまりインターネット利用しない方は、モバイルプランの月間7 GBの制限のあるプランにしておいて、通信が多くなりそうな月だけギガ放題プラン変更することができるのです。また一度ギガ放題プランへ移行してもその後に下のモバイルプランに戻すと言うことも可能です。

料金プランの変更は契約変更では無いので、料金プランを変更することで契約解除料が発生する事はありません。

DTI WiMAXのキャンペーン内容のまとめ

DTI WiMAXのキャンペーン内容のまとめ
  • 最大2カ月間無料の月額料金の割引がある

2019年の10月時点でDTI WiMAXのキャンペーンは、3年契約でのギガ放題プランに大きなメリットなるキャンペーンの展開をしています。

ギガ放題プランで3年契約において、利用開始月とその翌月の月額料金を無料にする月額割引のキャンペーンです。注意点としては、最大2ヶ月間無料の特典は、ギガ放題プランでの3年契約にのみ適用されるという点です。

  • 機種代金0円

機種代金も全て無料となっています。

さらに最近人気の据え置き型のほうもルーターも機種代金が0円で利用できるのがポイントです。

  • 2年契約が可能

2018年の11月からはほとんどすべてのWiMAXのプロバイダーが3年契約となっています。

その中でもDIY WiMAXはとても珍しく、引き続き2年契約が可能なプロバイダーです。注意点としては、2年契約の場合には機種が限定されている点です。「Speed Wi-Fi NEXT WX03」のみが契約可能な機種となりますので、WiMAXの最新機種を利用したい方はあまりお勧めできません。

ちなみにこのキャンペーン期間は2019年10月31日の申し込みまでとなっています。

DTI WiMAXの注意事項について

  • 契約期間

DTI WiMAXは2年間または3年間の定期利用契約となっているためいわゆる2年縛り3年縛りでの契約となります。さらに定期利用期間は自動更新となりますので、2年または3年ごとの更新好きで解約の申し出をしない場合は、自動的にまたさらに2年間または3年間の定額利用契約となります。ここで注意するポイントは、更新月以外での解約については契約解除料がかかるということです。

  • 契約解除料金について

先ほどご紹介したように、DTI WiMAXは2年または3年間の自動更新契約となります。このため2年または3年ごとに更新時期があり、更新月で解約する場合には契約解除料は発生しません。ただし更新月以外の解約には契約解除料が発生します。

継続期間契約解除料
2年契約3年契約
サービス開始月(初月:0か月目)19,000円(税別)
1~12ヶ月目末日19,000円(税別)
13~24ヶ月目末日14,000円(税別)
25ヵ月目更新月(*1)のため、契約解除料不要9,500円(税別)
26~35ヶ月目以降9,500円(税別)更新月(*1)のため、契約解除料不要
36ヶ月目以降9,500円(税別)

DTI WiMAXのメリットとデメリットについて

ここまではDTI WiMAXの基本情報についてご紹介してきました。ここからはさらに詳しくメリットとデメリットについてご紹介していきます。

DTI WiMAXのメリット

DTI WiMAX 2+のメリット
  1. 月額料金が安い
  2. 2年目と3年目の料金が変わらない
  3. 優待サービスが利用できる
  4. NTTグループカードで新規入会特典あり
  5. 2年プランと3年プランで選べる
  6. グローバルIPオプションがある
  7. 安心サポートがある

月額料金がリーズナブル

まずはWiMAXの様々なプロバイダの月額料金やキャッシュバックとを3年間

契約した場合の支払い総額の比較を詳しく見てみましょう。

サービス名月額キャッシュバック総額
DTI WiMAX3,525円0円130,430円
GMOとくとくBB3,264円32,050円123,719円
Broad WiMAX3,280円10,000円121,352円
JP WiMAX3,384円10,000円125,200円
クラウドモバイルWiMAX3,384円10,000円125,200円
@nifty WiMAX3,571円23,100円132,140円
朝日ネットWiMAX3,556円10,000円131,570円
カシモWiMAX3,623円0円134,048円
novas WiMAX3,532円0円130,680円
So-net WiMAX3,937円0円145,656円

この比較表を見ていただくとお分かりになるように、WiMAXのサービスを提供しているプロバイダーはとてもたくさんありますが、DTI WiMAXはこの数多くあるWiMAXのプロバイダーの中でも、月額料金や3年間の支払い総額ともに1番ではありませんがかなり安いプロバイダーとなります。単純な料金総額の安さは一番がGMOとくとくBBになりますが、

そのほかにもDTI WiMAXにはたくさんのメリットがあります。

月額基本料金が2カ月間無料である

DTI WiMAX 2+では、月額基本料金が2ヶ月間無料となっています。

1ヶ月目~2ヶ月目の利用料金は2,590円なので、2ヶ月で5,000円以上もお得になります。

ただし月間のデータ量が7 GB以下になるモバイルプランではこの2ヶ月無料特典は適用されません。WiMAXのプランを選ぶ形の9割近くがこのギガ放題のプランを選びます。データ量気にすることなく十分にインターネットを使えるこのプランの方がお勧めです。

2年目と3年目の料金が変わらない

皆さんは月々の利用料金だけを注目するかもしれませんが、実はWiMAXを提供するプロバイダの中には1年目から2年目と3年目の料金が変わるプロバイダーがあります。

1~2年目月額料金3年目月額料金
DTI WiMAX3,760円3,760円
カシモ WiMAX3,580円4,079円
JP WiMAX3,500円4,100円

DTI WiMAXは月額料金が変わりませんが、長く契約をしている中でいつの間にか料金が高くなってしまうプロバイダもあるのです。この2年目と3年目の料金が変わらない点は、DTIWiMAXの大きなメリットです。

優待サービスが利用できる

DTIの会員になれば、『DTI Club Off』という特別優待サービスを利用できます。

ほかのプロバイダにはない、DTIWiMAXならではの特典です。以下にまとめておきます。

対象割引額
国内の宿国内約20,000軒のホテル・旅館最大90%オフ
レジャー全国約700箇所の遊園地・テーマパーク最大75%オフ
日帰り温泉全国約700箇所の日帰り湯施設最大60%オフ
グルメ全国約40,000店以上の飲食店や宅配ピザなど最大50%オフ
映画全国約400館の映画館映画チケットが前売りより安く買える
エンターテイメントミュージカル・美術展・展覧会・カラオケ最大50%オフ

 

NTTグループカード新規入会で6000円キャッシュバックあり

NTTグループカードでDTI WiMAXの料金を支払うと毎月500円のキャッシュバックが受けられます。キャッシュバック期間が1年間ですので最大キャッシュバック金額が6000円となります。NTTグループカードレギュラーは年会費が無料でお得なカードです。月々500円といっても1年間の総額で見れば6000円ですのでかなりお得です。

2年プランか3年プランかで選ぶことができる

先程の料金プランの中でもご紹介しましたが、DTI WiMAXは数多くあるプロバイダの中でも2年タイプの契約プランを持っている珍しいプロバイダです。3年契約の縛りが厳しいなと思われる方には是非オススメです。注意点としてはDTI WiMAXの2年プランを選んだ場合は最新機種の端末を選ぶことができません。どうしてもWiMAXの最新機種にこだわる方は3年契約をお勧めします。

グローバルIPオプション

DTI WiMAXでは月額96円でグローバルIPオプションを利用することができます。オンラインゲームのプレイをする際にリモートアクセスの1部利用で必要とされているグローバルIPですが対応していないWiMAXのプロバイダもあるのでこれはDTI WiMAXのメリットとなります。

安心サポートがある

DTI WiMAXには保証サービスが2種類用意されています。

水漏れによる故障にまで対応しているのはあんしんサポートワイドと言うサービスのメリットになります。DTI WiMAXで契約される方には是非オススメのプランです。

安心サポート安心サポートワイド
月額料金300円(2ヶ月無料)500円
サポート対象1.取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で機器が故障した場合

2.サポート対象範囲内の故障・破損等

1.取扱説明書などの注意書きに従った正常な使用状態で機器が故障した場合

2.サポート対象範囲内の故障・破損等

3.水濡れ(過失含む)

サポート対象外1.故意による故障、改造による損害、その他盗難・紛失

2.使用による劣化や色落ち等

3.水濡れ(過失含む)

1.故意による故障、改造による損害、その他盗難・紛失

2.使用による劣化や色落ち等

 

 

DTI WiMAXのデメリット

DTI WiMAXのデメリット
  1. auスマートバリューに非対応である
  2. 高額キャッシュバックがない

DTI WiMAXのデメリットについて見ていきます。

  • auスマートバリューに非対応

DTI WiMAXで注意するポイントがこのauのスマートバリューについてです。ほとんどのWiMAXのプロバイダーでは、ユーザがauの携帯電話の契約をしている場合にスマートバリューという割引特典が受けられるのですが、DTI WiMAXではこのサービスが適用されません。ドコモやソフトバンクなど他のキャリアのスマートフォンを持っている方には特に問題は無いのですが、もしauユーザの場合は、お勧めできません。ただしほかの特典に魅力を感じている方は、お勧めできるDTIWiMAXです。

  • 高額のキャッシュバックがない

以前はかなり高額なキャッシュバックのサービスを提供していたDTI WiMAXですが今現在は他のプロバイダーと比べるとキャッシュバックのサービスがどうしても劣ってしまうのが現実です。ただしキャッシュバックのキャンペーンは手続きが面倒で実質受けにくいといったプロバイダもありますので、この点は注意が必要です。

どうしても目の前にあるキャッシュバックの金額にインパクトがありますが、実際キャッシュバックの受け取りが数か月後とか手続きの面倒さから受け取れないでいるユーザーも多いのも事実です。最近になってDTI WiMAXが高額キャッシュバックをしなくなったのも、ユーザー目線であるといえます。

DTIWiMAXをお勧めする人のタイプ

どのような方にDTIWiMAXが一番お勧めかというと、利用料金のわかりやすいシンプルなプロバイダで契約をしたい方で、さらに特別優待に魅力を感じている方とグローバルIPオプションを利用したい方ということになります。

まとめ

最後にもういちどDTI WiMAXのメリットとデメリットについてですが、

月額料金については一番安いわけではありませんが、かなりリーズナブルなプロバイダですので、かなりお勧めです。端末の種類も豊富なので、選べるのはうれしいですね。

プロバイダによっては端末機種が限られている場合もあります。

さらに料金体系がシンプルであり、かつ2年契約も選べるのはメリットです。

最近はほとんどのプロバイダが3年契約が主流になっていますが、端末のスペックも通信技術も1年ごとに大きく進化する中で、あまり長期の契約をしたくない方にはかなりお勧めのプロバイダです。安心できるサポート体制と端末の保証もしっかりしているのは大切なポイントです。

デメリットについてはauのユーザーにやや不利な面がありますが、それ以外のキャリアの方には問題なく利用できますし、高額キャッシュバックがない点についても実質的には手続きの面倒さから利用しずらい高額キャッシュバックよりも、シンプルな料金でユーザーに還元するという考え方も最近のモバイルWi-Fi利用者には人気です。